彼女との性行為中に中折れしてしまった経験はありませんか?中折れしてしまうと相手と気まずい雰囲気になってしまうだけでなく、相手に魅力がないのかと不安にさせてしまいます。そんな中折れの原因と治療方法をしっかり学んで、気まずい雰囲気を吹き飛ばしましょう!治療方法は一つじゃないので、自分に合った方法を試してみましょう。

考えている男性
  • ホーム
  • 薬以外で治す!早漏の対策法

薬以外で治す!早漏の対策法

早漏は自分のためにもパートナーのためにもなんとかしたい問題です。
持続力を高める薬は多く出ていますが、根本的な改善にならないことや、事前に用意しなければならないため忘れてしまうとどうしようもできません。
副作用がきになると言う人もいると思います。時間がかかりますが投薬以外の方法で対策することができます。
基本的にはトレーニングによって射精のタイミングを遅らせると言うものです。
複数の方法を活用することで高い効果を期待できます。

ストップアンドスタート法は反復練習で刺激に慣れる方法です。
自分かパートナーに陰部を刺激してもらって、射精の寸前で中止します。
しばらく落ち着いて気持ちが収まってきたら同じように淫部を刺激します。
射精しそうになったら止めてしばらく落ち着かせます。このようにして刺激に対して耐性を作って早漏を防止します。

スクイーズ法も自分かパートナーと行います。
ストップアンドスタート法と同じように行いますが、射精前に止めるだけでなく亀頭の部分をしっかりと握って押さえつけます。
落ち着いたら力を緩めて刺激を加えて行きます。
できる限り本番に近い方がいいのでパートナーにやってもらう方が効果が高くなります。

また、刺激の与え方はオーラルセックスでも、実際に挿入しても構いません。
射精しそうになったらしっかりと握って止めることだけを確実にします。
快感に任せて射精すると言うイメージを無くして長持ちするようにします。

筋トレも有効な手段です。
陰茎の奥にあるPC筋は排尿や排便をコントロールする筋肉です。射精を押さえ込むのも同じ筋肉を使います。
これをPC筋トレーニング法と言って、肛門を締めるイメージでおこないます。
ゆっくりと締めて5秒維持します。そしてゆっくりと力を抜いていきましょう。完全に力を抜いたら数秒リラックスします。
これを10サイクル繰り返すことを1セットとして、1日に4セット行います。
筋肉がつくことで射精を押さえ込む力がついてきます。

一人またはパートナーと2人で行う早漏トレーニング法

早漏の男性はパートナーから嫌われるという話を一度は耳にしたことがあるでしょう。
夫婦生活の楽しみといえば、子どもの成長や、日々の食事・趣味・スポーツ等色々ありますが、それに加えて夜の生活も楽しみの一つです。
食事や趣味といったものは主婦友だち等と楽しめるので、夫との食事が少々楽しくなくても他で満足することが出来ますが、性行為での快感は他では得難いものです。

しかし、早漏等で性的な快感を満足に得られない場合はどうしようもなく、浮気に走る人もいるかもしれません。
しかし浮気は世間的には裏切り行為として認識されているためリスクは高いです。
夫にバレたり、主婦友だちの間や近所にウワサが広まったりすると自身の孤立化へとつながって、社会的に地位を持つ人なら抹殺されてしまう恐れもあり、怖くて容易には出来ないでしょう。

そういうところから早漏は嫌われてしまうのではないかと思います。
しかし、パートナーが浮気等に走らないためにも、またお互いの健全な関係を保つためにも、一人またはパートナーと一緒に対策し、早漏を改善していくことが望ましいです。
それには先ほど紹介した3つのトレーニング、ストップアンドスタート法・スクイーズ法・PC筋トレーニングといった方法が早漏防止に役立つでしょう。

前者の2つはパートナーの協力を得ると治すという意識も高まりますが、PC筋トレーニングは一人でしか出来ないです。
それにいつでも出来ることから後回しにしてしまうこともあります。
そのためそうならないためにもパートナーが軽く声かけしてあげることが必要です。

ところで、先ほど早漏の男性は嫌われると書きましたが、もちろんそうであっても役に立たない男なのだと思い込まないで下さい。
長いセックスを好まない女性もいるためです。オーガズムに達することが怖いといった女性もいるぐらいです。
相手の様子をよく見て、早漏に不満がありそうであったら一緒に改善するといったことでよいと思います。