彼女との性行為中に中折れしてしまった経験はありませんか?中折れしてしまうと相手と気まずい雰囲気になってしまうだけでなく、相手に魅力がないのかと不安にさせてしまいます。そんな中折れの原因と治療方法をしっかり学んで、気まずい雰囲気を吹き飛ばしましょう!治療方法は一つじゃないので、自分に合った方法を試してみましょう。

考えている男性
  • ホーム
  • レビトラの効果と正しい服用方法

レビトラの効果と正しい服用方法

レビトラには中折れの症状を改善する効果があります。
即効性があるので、正しい服用方法を守れば短時間で強力にペニスを勃起させることができます。
レビトラには5mgと10mg、20mgの錠剤があります。

病院では主に10mgか20mgを使用して中折れの治療が行われます。
5mgは効果が弱く、10mgや20mgを割って代用できるためあまり使用されていません。
1錠あたりの価格は10mgが約1500円で、20mgは約1800円です。
さらに診察料や処方せん料が必要なので、総合的な費用は1錠あたり約3000円になります。

レビトラは即効性があるため、短時間で中折れの症状を改善することができます。
即効性があることから副作用も現れやすく、服用した患者の9割以上が軽いめまいや頭痛などを発症します。
用量が多いほど副作用も強くなるので、最初は少ない用量から試すのが合理的です。
徐々に用量を増やして、自分の体質に合った用量を見つける必要があります。

副作用にはめまいや頭痛の他に、顔のほてりや鼻づまり、消化不良などが存在します。
いずれも症状は軽いため、基本的に問題はありません。ただし併用禁忌薬や脳、心臓などの障害には注意が必要です。

レビトラは硝酸剤や一定の抗不整脈薬、抗真菌薬の他に、HIVや慢性血栓塞栓性肺高血圧症の治療薬を併用できません。
硝酸剤と慢性血栓塞栓性肺高血圧症の治療薬を併用すると、過度に血圧を低下させる可能性があります。

一定の抗不整脈薬は心臓の動きに異常をもたらすことがあるので、一緒に服用できません。
HIVの治療に使用される抗ウイルス薬や一定の抗真菌薬は、レビトラの血中濃度を高めて副作用を強くするので併用が禁止されています。
また直近6か月以内に心筋梗塞や脳梗塞、脳出血の既往歴がある場合や血液透析中の場合なども服用できません。
レビトラを使用する際には上述した点について注意を払いつつ、必要に応じて医師に相談する必要があります。

レビトラの服用方法と服用時の注意点

レビトラは、中折れの症状を改善する事ができる治療薬として知られています。
服用からおよそ20分程度で効果が現れるので、非常に即効性が高いです。
その上、価格もリーズナブルなので、中折れに悩んでいる男性にとって救世主的な存在と言えます。

レビトラの服用方法は、基本的に食事のおよそ30分前の空腹時に服用することが最も正しい飲み方です。
レビトラは食事に影響されることはありませんが、服用してからすぐに食事を摂るとレビトラよりも前に食事の吸収が始まります。
つまり、薬の成分が上手く吸収されないので、必ず30分前に服用する必要があります。

それと、レビトラを服用する際は、水やお茶やお酒、ジュースなどどんな飲料と一緒に摂取してもそれほど問題はないです。
他の薬の場合、ジュースやアルコールなどと服用すると薬の効果が弱まってしまう可能性が高いです。
その点、レビトラではそのような可能性は認められていません。
少量のお酒と一緒に飲めば逆にリラックス効果が高まるので、中折れ改善に高い効果があるといわれています。

ただしレビトラを服用する際は、安全のために幾つか注意すべき点があります。
まず、ジュースと一緒に服用しても大丈夫ですが、グレープフルーツジュースとの服用は避けた方が良いです。
その理由は、グレープフルーツにはフラノクマリン酸という薬の吸収率を高める成分が含まれているからです。
つまり、めまいや動悸などの副作用が発生する可能性があるために絶対に注意が必要です。

それと、レビトラと一緒に飲んではいけない併用禁忌薬があることも覚えておいたほうが良いです。
別々で飲めば効果的な薬でも、一緒に飲むことで重篤な副作用が発生してしまうことがあります。
なので、普段から薬を摂取している方はちゃんと医師に安全なのか確認した方が良いです。